篠原ゆき子「前情報なしに楽しんで」主演映画『ミセス・ノイズィ』PR(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:サンケイスポーツ

映画「ミセス・ノイズィ」(天野千尋監督)に主演した女優、篠原ゆき子(39)が大阪市内でインタビューに応じた。5月予定の公開がコロナ禍で延期。放送中の長寿ドラマ「相棒」シリーズ最新作出演を“追い風”に「前情報なしに楽しんで」とPRした。

 10月公開の映画「浅田家!」「罪の声」で、いずれも印象的な母親役を好演し、同14日スタートのテレビ朝日系「相棒 season19」には捜査一課の女性刑事役でレギュラー入り。

 「コロナで公開がずれ込んで、重なってるんですよねぇ。『いま、来てるね』って言っていただくことは多いです」

 今回は、2005年に世間を騒がせた“奈良の騒音おばさん”事件がモチーフ。幼子を抱え、隣人との騒音トラブルに巻き込まれるスランプの小説家を演じた。

 「(作家として)成功したいけど、家庭も大事にしたいところとか共感する部分が多かったですね。私も4歳の子どもがいるので」

 ただ、主演の重圧は気づかないうちに。「『ヴェッ』って、おじさんがするような咳が続いたんです。お医者さんには気管支炎と言われたけど、撮影が終わったらピタッとなくなった。ストレスで“おじさんの咳”が出てたんですね。気負ったつもりはなかったけど」と苦笑した。

 映画は東京・新宿の映画館1館でモーニングショー公開されるはずだった。しかし、昨年秋の東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門で上映されると、SNS炎上などの社会性を折り込み、中盤から被害者と加害者の立場が交錯する意外性に喝采が。上映館数は全国27館に増えた。

 篠原もアジア太平洋映画祭主演女優賞受賞し、「相棒」出演で、より脚光を集めている。

 「『相棒』はプレッシャーがハンパなくて、夜中にマネジャーに『こわいよ~』って泣きながら電話したりもしました。水谷豊さんは天才的な方なのでオーラが…。やさしい方なのに最初は目も合わせられなかった」

 水谷に誘われてお弁当を食べるなど、「相棒」ワールドになじんできて迎えた4日の公開初日。「コロナで5月の公開がズレて、唯一よかったことですね」。相乗効果に笑顔をのぞかせた。

【広告】


コメントは受け付けていません。