渡部建“へたれ”露呈の100分間会見…「なぜ半年後の謝罪」「なぜ復帰前に収録」厳しい追及にしどろもどろ(中日スポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:中日スポーツ

多目的トイレを使った不倫騒動などで6月から無期限活動自粛となったお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が3日、東京都内で謝罪会見を開いた。複数女性との不倫発覚から176日ぶりのコメントに注目が集まったが、集中砲火にしどろもどろ。“へたれ”謝罪会見となり、復帰については白紙に追い込まれた。

【表】渡部建、不倫騒動の経過

   ◇   ◇

 遅きに失した。週刊文春による複数女性との不倫報道から約半年かかっての会見は「復帰」ではなく「謝罪」と明言した。報道陣がマスク、フェースシールドを着けたウィズコロナ時代の囲み会見。異様な光景の中、渡部は黒髪、黒いスーツ姿で現れた。

 なぜ半年後の謝罪になったのか。「(週刊)文春のインタビューに答えて、謝罪することで(批判が)収束するのではと思った。記者会見をしなくて済むのでは…と甘く考えていた。後悔、反省している」。今年6月10日に多目的トイレを使用した不倫が発覚、2週間後に週刊文春のインタビューに応じた。

 大みそか放送の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の特番「笑ってはいけない」シリーズの収録参加を報じられ、みそぎなしの復帰に批判が集中した。謝罪会見も「報道を受けて、世間のみなさんが会見しないでどうするんだと。勝手ながら一日も早くやった方がいいと思った」。“世論”の怒りに反応しての会見だと認めた。

 この日は、復帰ではなく謝罪を強調。しかし、「漠然と年内自粛して、復帰会見をできないかなと思っていた」とも説明した。しかし、復帰会見前のテレビ収録という厳しい追及に言葉に詰まる場面も。「笑ってはいけない」シリーズでの復帰については「申し上げられません」と苦渋の表情を連発し、まったく笑えない展開に。復帰は白紙か―と迫られるとハンカチを取り出し、「はい」と言い切った。

 多目的トイレという衝撃的な場所を選んだ理由を聞かれると「う~ん」と首をかしげ、「自分勝手な思い」と苦しい答弁を繰り返した。そして、お手軽だからと問われると「そう思われても仕方ありません」とうつむいた。精神科に通った結果、性的な依存はなかったという診断を受けたことも明かした。

 約1時間40分の会見、“へたれ”っぷりを露呈した。渡部は「何十年後かに振り返って『この騒動があってよかったんじゃないの』と言える人生を目指したい」と語ったが、そのような未来は待っているのだろうか。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。