【巨人】村田修一野手総合コーチらタイプ異なる6人の“柱”で打撃強化 打倒ソフトバンクに全集中…担当キャップが見た(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

巨人は2日、来季のコーチングスタッフを発表した。1軍では村田修一野手総合コーチ(39)、杉内俊哉投手コーチ(40)が加わった。現役時代に2度の本塁打王を獲得するなど、通算360発を誇った村田コーチの昇格で、1軍にタイプの異なる打撃指導者が6人に増えた。日本シリーズではソフトバンクに差を見せつけられた打線強化へ本腰を入れる球団の狙いを、巨人担当・西村茂展キャップが「見た」。

 巨人の来季コーチング・スタッフが2日、発表になった。1軍では、新たに外部からの招へいはなく、元木ヘッド、宮本投手チーフ、吉村作戦ら多くのコーチ陣が留任。リーグ連覇を達成した今季から、継続を強く意識させる陣容となった。その中で特筆すべきは、村田修野手総合コーチが昇格したことで、現役時代に打撃に特色があった首脳陣が6人となったことだろう。

 後藤野手チーフ、石井、村田修の両野手総合、吉村作戦の4コーチに、原監督と元木ヘッドも加わり、6人の異なった“モデルケース”からの指導を受けることが可能となった。左右の大砲から広角打法、くせ者タイプ、安打製造機、代打での必殺仕事人まで。選手にとってみれば自分の目指すスタイルごとに、最高の“教科書”がそろったと言えそうだ。

 特に村田修コーチは、坂本、岡本らにとっては待望の右打ちの打撃コーチであり、現役時代を共に過ごした良き兄貴分でもある。ファームでも熱血指導で知られる男だ。来季でまだ40歳と若く、選手と年齢の近い部分をいい面に押し出して、二人三脚で選手を鍛え上げていくことが期待される。

 日本シリーズではソフトバンクの前に史上初の2年連続4連敗という屈辱を味わった。原監督は、11月27日に山口オーナーへのシーズン報告を行ったあと、報道陣に対応した際に「全てにおいて、我々は劣っていたということでしょうね」と力の差があることを受け止めていた。特に打線は4戦4得点に終わり、指揮官が「攻撃型のチームという中でなかなか機能しなかった」と悔いた打線のさらなる強化は必須課題。ソフトバンク投手陣のように150キロ超の剛球投手がズラリそろう相手であっても振り負けない打線育成へ、本腰を入れる思いが伝わってくる。

 また村田修、杉内コーチはともに来季で指導者3年目。まだ若い両コーチの昇格の背景には、「コーチの育成」もあるだろう。原監督の「勝利至上主義」の下、チームはセ・リーグ連覇。勝つための組織作りを経験することで、指導者としての幅をさらに広げていく。その積み重ねが黄金期を築く土台となる。(西村 茂展)

 ◆鬼滅の刃 家族を鬼に殺された主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼と化した妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すため壮絶な戦いに挑む物語。炭治郎が入隊した鬼狩りの組織「鬼殺隊」は能力別に10階級に分かれており、その中でも最上位の実力を持つ剣士は「柱」と呼ばれている。得意にしている呼吸はそれぞれ異なり、極めた呼吸の流派に従い「〇柱」と呼ばれる。鬼殺隊の長は「お館様」。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。