渡辺王将、挑戦者・永瀬王座決定に「大変な相手が来た」(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

◇王将戦 挑戦者決定リーグ・プレーオフ(2020年11月30日 将棋会館)

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグは30日、5勝1敗同士のプレーオフを東京都渋谷区の将棋会館で行い、リーグ初進出の永瀬拓矢王座(28)が豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=を128手で下し、渡辺明王将(36)=名人、棋王との3冠=への挑戦権を手にした。注目の7番勝負は来年1月10日、静岡県掛川市で開幕する。

 ▼渡辺明王将 永瀬王座との対戦は久しぶり(昨年5月の竜王戦1組ランキング戦決勝で渡辺の勝ち以来)。2日制のタイトル戦は初めてで、どういう番勝負になるのかイメージがつかめない。でも見てもらえる方からすれば新鮮かもしれません。王将戦挑戦者決定リーグだけじゃなくどの棋戦でも上位に来られて、この1、2年の活躍は第一人者。大変な相手が来たという印象で、年明けから調子を上げていきたい。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。