三浦春馬さん遺作の主演映画「天外者(てんがらもん)」 妻を演じた蓮佛美沙子「春馬君が『この役、やってくれない?』と声をかけてきてくれた」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:サンケイスポーツ

7月18日に死去した俳優、三浦春馬さん(享年30)の最後の主演映画「天外者(てんがらもん)」(田中光敏監督)の完成披露試写会舞台あいさつが30日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。

【写真】「天外者」で最後の主演を演じる三浦春馬

 薩摩藩士で実業家、五代友厚が主人公。幕末を舞台に春馬さん扮する五代、三浦翔平(32)演じる坂本龍馬らが新たな時代を切り開く姿を描く。

 友厚の妻、豊子を演じた女優、蓮佛美沙子(29)は、「(春馬さんとは)高校の同級生で10年前くらいに学園もので一緒でお仕事させてもらった」と明かし「撮影前に、正式に事務所を通してのオファーをいただく前に、春馬君本人が『れんちゃん、この役やってくれない?』と声をかけてきてくれた。夫婦役でやれたのもうれしく、現場でも教室にいるようにしゃべってました」と目を潤ませながら思い出を語った。

 田中監督は、春馬さんを主演に起用した理由を「大人の男性の魅力があり、美しく、芯をしっかり持っている。そういう役者。彼にやってもらいたい思いがあった。純粋な『あんなきれいな大人になれるのか』と第一印象で思った」と語り、「主演の三浦春馬は、ここで素晴らしく最高の芝居をしている」と力強く話した。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。