渋野日向子、今季自己最高3位「去年よりも価値のある1年だった」/国内女子(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

ツアー選手権リコー杯最終日(29日、宮崎CC=6543ヤード、パー72)年内最終戦。72で回った原英莉花(21)=日本通運=が、通算10アンダーで初日から首位を譲らない完全優勝を果たした。古江彩佳(20)=フリー=は10位から68で追い上げ、2打差の2位。渋野日向子(22)=サントリー=は3位に入った。来年と統合されたシーズンは来年3月に再開予定。

【写真】ホールインワン賞を授与され笑顔の渋野

 6位から4バーディー、3ボギーと伸ばした渋野は今季自己最高の3位に入った。3パットのボギーで始まったが、6番(パー4)で6メートルのバーディーパットを沈め、中盤から調子を上げ盛り返した。

 「今までなら3、4日目は落としていた。ポジティブに考えられるようになってから1、2打減ってきている」

 8~10月の英米遠征も含め、3戦連続予選落ちも経験したが「ちょっとずつ調子が良くなって来てる。去年よりも価値のある1年だった」と今年をいったん総括。2週後の「全米女子オープン」に向け、「米ツアーの方が気持ち的にも強くなってきている」と世界を見据えた。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。