W杯銅メダルの張本智和 課題と手ごたえ 新兵器のバックハンド「もっと良くなる」(テレビ東京スポーツ)

出典元:テレビ東京スポーツ

11月10日に閉幕した女子ワールドカップに続き、「男子ワールドカップ」<11月13~15日/中国威海>が幕を下ろした。

【動画】男子ワールドカップ 張本智和 vs 馬龍<男子シングルス準決勝>

8カ月ぶりの国際大会に臨んだ東京五輪代表の張本智和(木下グループ)と丹羽孝希(スヴェンソン)は、17歳の張本が銅メダルを獲得。昨年の銀メダルには及ばなかったものの、2年連続最年少出場にして表彰台に上がる活躍を見せた。

 一方、4年連続出場で初メダルを狙った丹羽は初戦で韓国のエース、チャンウジン(韓国)と対戦。ゲームカウント3-1でリードし勝利に王手をかけたが、そこから逆転を許し、まさかの初戦敗退に終わった。

試合後、ゲームカウント3-2で迎えた第6ゲームを振り返り、「(自分の)3-0リードで相手がタイムアウトを取って、そこで流れが変わってしまった」と言う丹羽。「最後まで得点パターンが見つからなかった感じ」と話す一方で、得意のカウンターや相手の動きの逆をつくフォアハンドなど随所に光る攻撃もあり、「8カ月前と変わらないプレーができた」「韓国のエースとゲームオールジュースまで行けたので、自分のプレーは悪くはなかったと思う」と、久しぶりの国際試合で手応えも得た様子だった。

 金メダルは世界ランク1位の樊振東(中国)。大会3連覇とともに通算4回目の金メダルに輝いた。銀メダルは五輪金メダリストの馬龍(中国)。準決勝では昨年負けた張本に勝利し借りを返した。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。