日本ハムの左腕・吉川が西武へ金銭トレード 昨年巨人から古巣復帰も今季勝敗なし(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

日本ハムの左腕・吉川光夫投手(32)が金銭トレードで西武に移籍することが19日、発表された。吉川は2006年秋の高校生ドラフトで1巡目指名されて、広陵高(広島)から入団。12年には14勝を挙げ、チームの3年ぶりのパ・リーグ優勝に貢献し、リーグ最優秀選手(MVP)と最優秀防御率のタイトルを獲得した。また、15年のも11勝を挙げた。

 16年オフには石川とともに大田、公文との交換トレードで巨人に移籍。計43試合に登板したが、19年途中に宇佐見とともに鍵谷、藤岡との交換トレードで移籍し、日本ハムに復帰した。今季は中継ぎで5試合に登板し、勝ち負けはなく、防御率は3・38。プロ14年間の通算成績は計214試合に登板し、55勝70敗3セーブ3ホールド、防御率3・91となっている。

 西武への移籍について吉川は日本ハム球団を通じ「昨年、トレードでファイターズへ戻ってきましたが、チームに貢献することができませんでした。その部分は心残りですが、いつも応援していただいたファンの皆さまには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからはライオンズの一員として、活躍できるように頑張ります」とのコメントを発表した。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。