楽天が獲得検討するタイガースのディクソンに米メディアは冷めた目「海を渡る選手の典型的なプロフィル…全体的にパッとしない」(中日スポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:中日スポーツ

タイガースは、内外野をこなすブランドン・ディクソン(28)をメジャー40人枠から外した。19日の地元紙デトロイト・フリープレス(電子版)によれば、チーム関係者が日本の楽天への移籍を視野に入れた措置だと明かした。

 この一報を受け、同日の米放送局CBSスポーツ(電子版)は「海を渡る選手の典型的なプロフィル。28歳でメジャー197試合とそれなりの経験を積んでいるが、全体的にパッとしない」と報道。移籍情報サイトのMLBトレードルーモアズは「貧弱な出塁率(メジャー通算2割7分1厘)と若手の台頭で2020年は出場機会が限られ、わずか5試合で13打数1安打、1四球、1二塁打だった」と紹介した。

 ディクソンは2013年にドラフト3巡目(全体92番目)指名でドジャース入団。18年にレッズでメジャー初昇格し、タイガースに移籍した19年は117試合でチーム最多の15本塁打、同2位の52打点をマークしたが、シーズン終了後に事実上の戦力外通告を受けた。メジャー通算196試合で打率2割2分8厘、20本塁打、64打点。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。