YOSHIKI 世界のアーティストと動画でコラボ…マリリン・マンソン、サラ・ブライトマンら参加(スポニチアネックス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポニチアネックス

「X JAPAN」のYOSHIKIが20日、オンライン会見を開き、YouTubeを使って世界の豪華アーティストとコラボする独自コンテンツの配信を12月23日から開始すると発表した。

 「YOSHIKI全世界プロジェクト」と題した会見に、海外から出席。独自の映画、イベント等を視聴できるサービス「YouTubeオリジナル」を使って配信を行うという。プロジェクト名は「YOSHIKI:Under The Sky」で、参加アーティストはマリリン・マンソン、ニコール・シャージンガー、サラ・ブライトマンなど世界的ビッグネームがズラリ。日本からもHYDE、SUGIZO、SixTONESが名を連ねており、音楽のジャンルを超えた数々のコラボが実現する。

 当初は「YouTubeオリジナル」を使った別のコンテンツを製作予定だったが、そんな中で新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大。「コロナになってしまって、その時にYouTubeのコラボに参加したのをYouTube側が見ていて、『そういったことはできませんか?』と。それがきっかけで、『考えてみます』となりました」と、プロジェクト発足の経緯を説明した。

 友人のマンソンには直接、電話で相談したという。「『こういうことを考えているけど、もしやったら参加してくれる?』と。『それは意味のあるものになるかも』と賛同してくれて、であれば前に進めてみようかなと始まっていった」。その後、YOSHIKIの人脈や共通の友人を通じ、世界各国のアーティストに“友達の輪”が広がり、一大プロジェクトになっていったという。

 コラボする楽曲はYOSHIKIが編曲するなど、プロジェクトならではの特別感を得られるものになりそうだ。YOSHIKIは「これは僕らのためじゃなく、エンターテイナーとして、どんな形で力になれるかが趣旨。(賛同を受けて)自分がうれしいかどうかは二の次で、いかにファンの方に対してコンテンツを作ることに賛同してくれるかが大事」と話した。

【広告】


コメントは受け付けていません。