日本ハム・有原、来週にもポスティング申請か(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:サンケイスポーツ

日本ハムの有原航平投手(28)が26日のサンクスギビングデー(感謝祭=27日)前に大リーグに移籍するためのポスティングシステム申請手続きを行う可能性が高まっていると、大リーグ公式サイトのジョン・モロシ記者が16日(日本時間17日)、自身のツイッターで伝えた。

 今季オフのポスティング申請期間は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で1週間遅れの8日にスタートし、12月12日まで。米国は26日(同27日)からサンクスギビングデー(感謝祭)の連休に入るため早めに申請をする可能性も考えられる。

 同記者は9日付(同10日)の記事で有原について「28歳の若手は巨人の菅野や中日の大野に比べて安定感には欠けるが、大リーグでも通用する持ち球がある」と評価していた。

 プロ野球の各球団が所属選手のポスティングシステム利用を認めた場合、日本野球機構(NPB)を通じて米大リーグ機構(MLB)に契約可能選手として通知される。2017年に発効した現行の協定では、選手は大リーグ全球団と交渉可能で、契約が成立すれば契約金と年俸の総額に応じて日本球団への譲渡金の額が決まる。昨オフは筒香嘉智外野手が、この制度でDeNAからレイズへ移籍した。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。