照ノ富士が軽々『翔猿つり』!131キロを持ち上げ4歩で料理「強引な相撲を」小兵相手の鉄則披露(中日スポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:中日スポーツ

◇17日 大相撲11月場所10日目(東京・両国国技館)

 照ノ富士が土俵から引っこ抜くように翔猿をつり上げた。いくら翔猿が小兵とはいえ体重は131キロ。観念したように無抵抗の翔猿を、そのまま4歩で土俵の外へ。規格外のパワーだった。

 「動きを止めて、強引にいこうと思った。小っちゃい人には強引な相撲を取らないと。つるというのは(考えて)なかったけど、たまたまそういう体勢になっちゃったから」

 191センチの長身とパワーを生かしてのつり出しは幕内では3度目。土俵下の高田川審判長(元関脇安芸乃島)が「根こそぎいきましたね」と感心すれば、八角理事長(元横綱北勝海)も「タイミングもあるけど、力もあるわな」と評価した。

 初日から7連勝後に2連敗していたが、これでまずは勝ち越し。「(優勝は)まったく意識してないんで。元の位置(大関)にとりあえず戻りたい。今場所は2桁以上勝ち取りたいんで」と1つ1つ目標をクリアしていく考えだ。

 最後に「こういうの(つり出し)は悪い癖なんで。できるだけ地味にいきたいです」と話したが、華があるのはしょうがない。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。