【巨人】菅野智之、東京ドームMVP 長打出やすい本拠地で好成績「誇らしい」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

東京Dで最も顕著な活躍をした巨人選手に贈られる「東京ドームMVP賞」が17日に発表され、菅野智之投手(31)が受賞した。2年ぶり4度目。松井秀喜、阿部慎之助、坂本勇人の3度を超え球団最多となった。

 今季は東京Dで12先発、8勝2敗、2完封、防御率2・10。85回2/3で被本塁打わずか6本、9イニングあたりの被本塁打率0・63本と圧倒した。「ピッチャーで東京ドームでいい成績を残すのは難しいと思いますが、そこでしっかり成績を残せたのは誇らしいことです」。長打が出やすい東京Dでの投球には「逆に開き直れる部分もある。ここで一発ソロならしょうがないと思えたり」と話した。

 今年最も印象的な東京Dの試合には6月19日の開幕戦・阪神戦を挙げた。コロナ禍で無観客の中、7回2失点で球団通算6000勝目。「中断とかなく(シーズン)終えることができるのかと不安が先行した開幕戦でしたけど、この開幕戦で逆転勝利できたからこそチームの勢いもあったと思います」と振り返った。

 この日は東京Dで表彰式後に全体練習に参加。「相手がどこでもやるべきことは変わらないです」と先発が予想される21日の日本S第1戦に向け、遠投やランニングなどで調整した。(片岡 優帆)

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。