羽生九段が復帰戦で勝利 高熱で3日前まで入院も「大きな問題はなかった」/将棋(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグは17日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、羽生善治九段(50)が木村一基九段(47)に、91手で勝利。リーグ通算成績を4勝1敗として、七番勝負進出へ望みをつないだ。

 先手番の羽生九段は、今月9日に38・9度の熱を出し、11日から入院。無菌性髄膜炎と診断されて14日に退院したばかりだった。体調も万全ではない中で復帰戦を白星で飾り、「対局する分には大きな問題はなかった」と力強く述べた。

 この日は、永瀬拓矢王座(28)も豊島将之竜王(30)=叡王=との全勝対決を169手で制し、開幕5連勝で単独首位に立った。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。