藤井聡太2冠「山の何合目か」質問に「将棋にはどこまで行っても頂点はない」王位就位式で覚悟示した(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

将棋・藤井聡太王位(18)=棋聖=の第61期王位就位式が12日、都内で行われた。

 棋聖に続く2度目の就位式。黒紋付羽織はかま姿も美しく着こなした藤井王位は「初めての2日制対局で、指すごとに新しい発見がありました。この経験を来期に生かせるようにしたいです」と謝辞を述べた。

 夏の7番勝負では木村一基九段(47)を4勝0敗で下し、史上最年少2冠と史上最年少八段の記録を樹立。会見で「今は山の何合目か」と聞かれ「将棋にはどこまで行っても頂点はないと思います。どこまで行っても強くなるための努力を続けないといけません」と今後を見据えた。

 新型コロナ時代を生きる棋士として「インターネットでファンの方々に自宅で見ていただけるようになったのは素晴らしいこと。棋士として良い将棋を指してファンの方々に楽しんでいただけたら」と語った。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。