「もうしびれたで」ナイナイ岡村 「麒麟がくる」での粋な結婚祝福(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50)が29日深夜、ニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。出演中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の撮影現場での粋な祝福を明かした。

 岡村は前週の同番組で30代の一般女性と結婚したことを発表。この日は大河ドラマの撮影があったことを明かし、バラエティーの現場では「おめでとうございます」と祝福の言葉をかけられたというものの、大河ドラマの現場では誰からも声を掛けられず、「大河の皆さんに申し訳ない、というふうに思った」と岡村。そんな中、徳川家康役の俳優・風間俊介(37)とのシーンが行われた。

 通常なら2回テストで本番になることが多いというが、その時は「もう1回テストいきましょう」と3回目のテストに。岡村は「すごい大事なシーンやったと思うねんけど」と困惑した心境を回顧。そのテスト中に、風間がセリフとして「お前の新婚生活はどうだ?」と突然問いかけてきたといい、突然のことで「『え?なに?これ』って思って。『テストちゃんとやりぃや。何してんねん』って数秒で思ったけど、『あ、これか』って思って」と動揺しながらもサプライズであることを察し、「『ぼちぼちでございます』って言うてん。そしたら『Can you celebrate~』ってかかってきて」とドラマ流の祝福を明かした。

 それから「みんなに『菊丸さん、ご結婚おめでとうございます!』って言われて。それまでみんなもう何にも言うてくれへんし、その時まで怖かって…。ホンマに『おめでとうございます』ってみんなに言われて」と粋な計らいに感激。ただ、冷静に読み返すと、そのままセリフも続けられるようにもなっていたそうで、「俺が返し失敗して、すぐに『ぼちぼちでございます』って言うて。風間君も考えてくれてたのに、俺がすぐ言うたから、慌てて流された部分があると思う」と苦笑しつつ、「今日はもうしびれたで」と振り返った。

【広告】


コメントは受け付けていません。