内村航平、合宿中のNTCでコロナ陽性 “まさか”選手強化の拠点で初の感染(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

体操男子で五輪個人総合2連覇の内村航平(31)=リンガーハット=が新型コロナウイルスに感染したことが29日、分かった。国際連盟(FIG)の渡辺守成会長(61)がオンライン会見で明らかにした。

【写真】新型コロナに感染した内村航平

 内村は4カ国が参加して11月8日に東京・国立代々木競技場で開催される国際競技会の日本代表に選ばれており、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿中だった。各競技のトップ選手の強化拠点となるNTCで感染が明らかになるのは初めて。内村らは大会に向けた感染対策として不要不急の外出を避けており、今後は保健所と協力して感染経路などを調べる。

 日本代表は20日からNTCに入り、21日の検査では全員が陰性だった。内村は28日に2度目の検査を受け、29日夕方に陽性と判定された。渡辺会長によると無症状という。6日間の経過観察に入り、11月4日と5日に再検査を受ける。他の選手は、30日に検査を受ける。感染が広がっていれば日本は大会参加を自粛する可能性もある。

 大会には日本のほか、米国、ロシア、中国の選手が参加予定。東京五輪の来夏への延期決定以降、五輪競技で国内に海外選手を招いて開催される初の国際大会となる。渡辺会長は「(内村の)この大会への思いは大きなものがあったと思う。その気持ちに応えるためにも、できる限り開催する方向で努力したい」と語った。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。