ソフトバンクが「ウィズ・コロナ」で胴上げなし マウンドに集まり大きな輪を作り万歳三唱…異例の優勝決定シーン(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

◇27日 ソフトバンク5―1ロッテ(ペイペイドーム)

 異例の優勝決定シーンだった。胴上げなし、「ウィズ・コロナ」時代の新しい歓喜の瞬間だ。「M2」だったソフトバンクが2位ロッテを下し、3年ぶり19度目のパ・リーグ制覇を果たした。

 試合終了の瞬間、抑えの森と、捕手・甲斐が控えめに抱き合った。新型コロナウイルス禍のため、それ以上に派手に抱き合うシーンはなく、王会長、工藤監督らがフィールドに出てきても肘タッチだけで、監督ら胴上げもなし。

 代わりに、マウンドを中心にソフトバンクの選手、スタッフらが大きな輪をつくり、場内アナウンスの掛け声とともに万歳三唱して、ファンと喜びを分かち合った。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。