レバンガ北海道が100点ゲームで秋田ノーザンハピネッツを撃破…7選手が2ケタ得点を記録(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

10月21日に各地でB1第4節が行われ、レバンガ北海道が秋田ノーザンハピネッツと対戦した。

川崎がSR渋谷を下して6連勝…藤井が第4Qだけで16得点

 ホームの北海道は前半から試合のペースを握った。橋本竜馬の3ポイントで先手を取ると、ジョーダン・テイラーや中野司らも加点し、第1クォーターで9点のリードを奪う。さらに第2クォーターは内田旦人が8得点、ニック・メイヨが7得点を挙げるなどオフェンスをリードして、チームとしても33得点。前半は58-36と北海道が22点のリードを奪って試合を折り返した。

 後半も勢いは止まらず、メイヨが第3クォーターだけで11得点を挙げるなど躍動して、さらにリードを広げることに成功する。最後の10分間には一時30点以上まで差を広げたが、終盤は秋田がカディーム・コールビーや保岡龍斗らの得点で反撃。それでも大差を詰めるには至らず、最終スコア104-79と25点差で北海道が勝利を収めた。

 北海道はメイヨの20得点を筆頭に、7選手が2ケタ得点を記録。秋田はアレックス・デイビスが16得点を挙げたが、敵地で3連敗を喫することとなった。

■試合結果
レバンガ北海道 104-79 秋田ノーザンハピネッツ(@北海きたえーる)
北海道|25|33|24|22|=104
秋 田|16|20|20|23|=79

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。