ナッシュの恩師マイク・ダントーニがブルックリン・ネッツのコーチングスタッフ入りか(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

歴代屈指の名司令塔、スティーブ・ナッシュ(元フェニックス・サンズほか)を新たな指揮官に据えたブルックリン・ネッツは、2019-20シーズン途中から暫定ヘッドコーチ(HC)を務めていたジャック・ボーンをコーチングスタッフとして残したものの、現時点ではアシスタントコーチ(AC)陣は発表されていない。

 ナッシュ新HCはダラス・マーベリックス時代のチームメートで親友でもあるダーク・ノビツキーをコーチングスタッフに勧誘したものの、ノビツキーはこれを拒否。来季の開幕は早くても来年1月と報じられているため、まだ時間はあるものの、ドラフトやフリーエージェント(FA)戦線を前にAC陣を決めておきたいところ。

 そんな中、10月15日(現地時間14日)に『The Athletic』のフランク・アイソラ記者は情報筋から得たものとして、マイク・ダントーニとフィル・ハンディがネッツのコーチングスタッフへ仲間入りする可能性があると報じた。

 ダントーニは19-20シーズンまで4シーズン、ヒューストン・ロケッツでHCを務めており、サンズとロサンゼルス・レイカーズで計6シーズン、現役時代のナッシュを指揮していた実績を持つ。

 ハンディはACとしてクリーブランド・キャバリアーズ(16年)、トロント・ラプターズ(19年)、レイカーズ(20年)と、チャンピオンシップを勝ち取ったチームに所属。選手育成という点でも定評があり、スター選手たちからの人望も厚い。

 もしナッシュHCの周囲にボーンだけでなくダントーニ、ハンディも加われば、チャンピオンシップ獲得を狙ううえで頼もしい陣容になることは間違いない。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。