守り合いが予想される一戦、信州ブレイブウォリアーズはヤンジェミンの初出場にも期待が高まる(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

■信州ブレイブウォリアーズ vs サンロッカーズ渋谷(@ことぶきアリーナ千曲)
第1戦:10月17日15時5分 第2戦:10月18日14時5分

 昇格組の信州ブレイブウォリアーズは、B1での4試合を終えて未だ勝ち星なし。だが、前節の第2戦では宇都宮ブレックス相手に奮闘ぶりを見せた。

 この試合は、序盤から西山達哉が存在感を放ち計24得点9アシスト、フル出場のジョシュ・ホーキンソンは23得点17リバウンドを挙げ、第3クォーター終了時点で7点リード。しかし、最後は“ガス欠”となり試合をひっくり返された。

 現状、少ないメンバーでの試合を強いられ、さらには小野龍猛が負傷離脱と苦難は続くが、やるべきことを40分間貫くことができれば初白星は見えてくるはずだ。また、今節のサンロッカーズ渋谷戦では、アジア特別枠で加入したヤンジェミンがBリーグデビューを果たすかどうかにも期待が高まる。

 開幕から続いた接戦を落とし、3連敗と苦しんだSR渋谷は大きな1勝を手に入れた。

 千葉ジェッツをホームに迎えた前節第1戦は、富樫勇樹の突破から逆転のブザービーターを献上。2戦目も試合終了残り3秒で富樫に勝負強さを見せつけられて85-86。それでも、ラストショットを託したライアン・ケリーが値千金弾を沈め、劇的な“ブザービーター返し”で待望の今季初白星を挙げた。

 攻撃力のあるシーホース三河と千葉を迎えた過去4戦は、失点がいずれも80点を超えたSR渋谷。今節は改めてチームディフェンスを見つめ直す機会となるだろう。対する信州も、昨季平均63.1失点とB2で抜群の守備力を誇っており、両者の対戦は守り合いとなりそうだ。

 文=小沼克年

■ロスター
・信州(ヘッドコーチ:勝久マイケル)
山本エドワード
井上裕介
西山達哉
栗原ルイス
佐藤託矢
大崎裕太
増子匠
ジョシュ・ホーキンソン
ヤンジェミン
三ツ井利也
小野龍猛
ウェイン・マーシャル
アンソニー・マクヘンリー

・SR渋谷(ヘッドコーチ:伊佐勉)
関野剛平
ベンドラメ礼生
チャールズ・ジャクソン
ジェームズ・マイケル・マカドゥ
渡辺竜之佑
野口大介
広瀬健太
ムッサ・ダマ
石井講祐
山内盛久
ライアン・ケリー
盛實海翔
田渡修人

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。