【新潟5R・新馬】ムーンビードが1番人気に応えて中団から抜け出す 吉田隼「ごちゃつかずに余裕を持って追走ができた」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:サンケイスポーツ

10月17日の新潟5R・2歳新馬(芝1400メートル)は、吉田隼人騎手騎乗の1番人気ムーンビード(牝、栗東・友道康夫厩舎)が中団追走から直線危なげなく抜け出してデビュー勝ちを果たした。タイムは1分23秒5(良)。

 半馬身差の2着にはメイショウツツジ(4番人気)、さらに1馬身半差遅れた3着にジャストザビアンカ(2番人気)が続いた。

 ムーンビードは、父アメリカンフェイロー、母イブニングジュエル、母の父ノーザンアフリートという血統。

 ◆吉田隼人騎手(1着 ムーンビード)「癖のある馬だけにきょうは大外枠から運べたのが大きかった。ごちゃつかずに余裕を持って追走ができたし、馬場もいいところを走らせることができました。1度使って気持ちの面をコントロールできるかが今後の課題」

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。