【箱根予選会】古豪の専大が7年ぶり69度目の出場…1年生エース木村暁仁がチーム最速でけん引「自分の力で持ち上げて、太陽的な存在になれたらいいなと思った」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(17日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

【一覧表でさらに詳しく!】第97回箱根駅伝シード校

 出場46校が上位10人の合計タイムで競い、10位以内の大学が箱根駅伝の出場権を獲得した。専大は10位突破で、7年ぶり69度目の箱根路を決めた。名門・佐久長聖高(長野)出身のルーキー、木村暁斗はチームトップの1時間2分44秒で引っ張った。強豪大学も進路の選択肢だったが、「箱根に出ていないチームを、自分の力で持ち上げて、太陽的な存在になれたらいいなと思った。自分の力、チームの力を押し上げる存在になりたかった」と選んだ古豪で、箱根切符。長谷川淳監督(36)は「(木村は)自信を持って送り出した。選手達には『決着は秒差だ』と話していた。選手がやってきたこと(の成果)を、選手自身で証明できたのが良かったと思う」とねぎらった。

 スローガンは「伝統への挑戦」。茅野雅博主将(4年)は「7年間(本戦に)通っていなかった。伝統を壊して、新しい専修大学として大会に臨んでいくという意味で選んだ」と話す。週1日の休日をなくし、ほぼ毎日を練習に充てた。新型コロナ禍でも、オンライン会議システム「Zoom」上で補強トレーニングを行うなど、様々な工夫で“新生・専大”の屋台骨を作っていった。

 指揮官は7年ぶりの本戦へ「しっかり対策をねって、上位校と戦って、来年、再来年と先を見て上位校と対等に走ることを目標にしたい」と掲げた。復活の古豪が、箱根上位の常連校へと力強く歩み始めた。

 ◆20年の箱根駅伝予選会 ハーフマラソンの上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を争う。例年は、陸上自衛隊立川駐屯地をスタート。立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、今回は新型コロナウイルス感染防止対策として、無観客で陸上自衛隊立川駐屯地内の1周約2・6キロの滑走路を周回するコースで開催された。

 今大会の主な成績は以下の通り。

 (1)順大(10年連続62回目)

 (2)中大(4年連続94回目)

 (3)城西大(2年ぶり16回目)

 (4)神奈川大(11年連続52回目)

 (5)国士舘大(5年連続48回目)

 (6)日体大(73年連続73回目)

 (7)山梨学院大(2年ぶり34回目)

 (8)法大(7年連続81回目)

 (9)拓大(8年連続42回目)

(10)専大(7年ぶり69回目)

 以上、予選通過(10位と11位の差は18秒)

(11)筑波大(2年連続62回目ならず)

(12)中央学院大(19年連続22回目ならず)

(13)麗沢大(初出場ならず)

(14)上武大(2年ぶり12回目ならず)

(15)駿河台大(初出場ならず)

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントは受け付けていません。