【箱根予選会】日体大が6位通過 73年連続73度目の出場 嶋野主将「日体大がいない箱根はない」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(17日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 出場46校が上位10人の合計タイムで競い、10位以内の大学が箱根駅伝の出場権を獲得した。前回の本戦で17位の日体大は6位で通過し、継続中の記録としては最長となる73年連続73度目の出場を決めた。トップ通過は順大。前回優勝の青学大はじめシード10校、予選会通過10校とオープン参加の関東学生連合の計21チームが新春の箱根路に臨む。

 ハーフマラソンの上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を争う予選会は例年、陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、今回は新型コロナウイルス感染防止対策として、無観客で陸上自衛隊立川駐屯地内の1周約2・6キロの滑走路を周回するコースで開催された。各校14人以内の登録選手から当日に12人以内が出走。日体大ランナーは堅実に走り、箱根切符を手にした。

 日体大の玉城良二監督(59)、主将の主将の嶋野太海(4年)は予選通過の喜びと本戦に向けての意気込みを語った。

 玉城監督「チーム一丸となってつかんだ6位。今のうちの実力だと思っています。(今年7月に就任で)短期間ではありましたけど、しっかりと生活習慣と走り込みをやってきた。約50日という長期の合宿で30キロ走を6本ぐらい。4年のキャプテン嶋野を中心に学生の意識が高く、私の苦労は特にはありませんでした」

 嶋野主将「走った者だけでなく、部員70人全員で勝ち取った6番。長い夏を越えてきた成果だと思います。日体大の伝統あるユニホームで箱根に出るのはやらなければならないこと。プレッシャーはあるが日体大がいない箱根はないと思っています」

 池田耀平(4年)=チームトップの個人総合7位=「日本人トップ通過を目標にしていたので、悔しさはあるが、チームとしての役割は果たせたかなと思っています。本選ではシード権獲得を目標に往路の区間どこを任せられてもいいようにやっていきたいです。三浦くん(順大)は残り1周から仕掛けてきて最後は日本人トップ。1年生ということですごい選手だなと思います」

 箱根駅伝予選会の主な成績は以下の通り。

 (1)順大(10年連続62回目)

 (2)中大(4年連続94回目)

 (3)城西大(2年ぶり16回目)

 (4)神奈川大(11年連続52回目)

 (5)国士舘大(5年連続48回目)

 (6)日体大(73年連続73回目)

 (7)山梨学院大(2年ぶり34回目)

 (8)法大(7年連続81回目)

 (9)拓大(8年連続42回目)

(10)専大(7年ぶり69回目)

 以上、予選通過(10位と11位の差は18秒)

(11)筑波大(2年連続62回目ならず)

(12)中央学院大(19年連続22回目ならず)

(13)麗沢大(初出場ならず)

(14)上武大(2年ぶり12回目ならず)

(15)駿河台大(初出場ならず)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。