11月場所、観客上限5000人に緩和へ 4人用升席の使用を2人でも可能に(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は15日、11月場所(8日初日、東京・両国国技館)について「観客、席数を増やす予定でいる」と観客数の上限を緩和する方針を明らかにした。開催可否を含めて19日に臨時理事会を開いて正式決定する見通し。

 ともに国技館で開催された7月場所、9月の秋場所は通常の約4分の1となる1日当たり上限2500人の観客を入れて実施。関係者によると上限約5000人、1人だった4人用升席の使用を2人でも可能にすることが検討されているという。芝田山部長は「それ(上限緩和)に関する対策も発表する」として、臨時理事会を経て券売方法も公表する。

 また協会執行部はこの日、医療の専門家から新型コロナウイルス感染予防対策として秋場所後に全力士が受けた抗体検査の内容について説明を受けた。個人情報を理由にデータを公表しないとした上で、「(抗体検出が)ゼロということはない」と述べた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。