レイズ・筒香嘉智、LCS初先発も2打席無安打でPS10打席安打なし(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポーツ報知

◆メジャーリーグ・リーグ優勝決定シリーズ第4戦 レイズ(東地区1位・第1シード)―アストロズ(西地区2位・第6シード)=14日、サンディエゴ・ペトコパーク=

 レイズ・筒香嘉智外野手(28)が14日(日本時間15日)、ア・リーグ優勝決定シリーズ(LCS)第4戦のアストロズ戦(サンディエゴ)に「8番・指名打者」で、6試合ぶりにスタメンに復帰。5回2死走者なしの2打席目は二ゴロに倒れた。

 1点を追う3回無死一塁の1打席目は遊撃手が二塁ベースより一塁側を守るシフトにはまって、6―5―3の併殺打に倒れた筒香。同点の2打席目は、低めのチェンジアップに反応したが、力ない二塁手正面のゴロに倒れた。PSは10打席連続無安打で、いまだ快音は響いていない。

 PSはブルージェイズとのワイルドカードシリーズ初戦、ヤンキースとの地区シリーズ第3戦に続き、3試合目のスタメン。試合前の時点では代打も含めて3試合に出場し、8打数無安打と快音が響いていなかった。LCSは1~3戦目は出場がなく、この試合が初出場。PS11試合中8試合でスタメンを外れ、5試合連続で欠場していた。

 レイズが3連勝で、ワールドシリーズ進出に王手をかけて迎えた第4戦。初回に2、3戦目で決勝点につながる痛恨の失策をしたアストロズ・アルテューベが左翼へソロ。3回にもアルテューベが右翼フェンス直撃の適時二塁打を放ってア軍が2点のリードを奪った。だが、4回にレイズは、絶好調のアロザレーナが左翼ポール際へ2ランを放って追いついた。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。