浦和・興梠、歴代5位の通算152点 「お手本のような存在」元同僚マルキに並んだ(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

◇明治安田生命J1第22節 浦和1-1柏(2020年10月14日 三協F柏)

 浦和のFW興梠が「師匠」に並ぶメモリアル弾を決めた。0―1の後半14分、汰木のシュートのこぼれ球に反応。最後は体ごと押し込む5戦ぶりの得点で同点とした。これが歴代5位タイとなるJ1通算152点目。鹿島時代に2トップを組み「今も忘れられない。お手本のような存在」と話すマルキーニョスの偉業に並んだ。

 「前半、2回のチャンスに決めておけば余裕を持った試合になったと思う」。試合後は2度の決定機を外した前半を悔やんだが、3度目にしてさすがの真骨頂。8年連続2桁得点のエースも今季はまだ5点目。例年よりスローペースだが、次戦は浦和に加入後、15戦16発とお得意さまの仙台戦。師匠超えの単独5位、そして前人未到の9年連続2桁得点へ加速する。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。