C大阪、J1ホーム通算150勝 マテイヨニッチがロスタイム弾(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

明治安田J1第22節(14日、エディオンスタジアム広島ほか)9試合が行われ、首位の川崎がFWレアンドロダミアン(31)とMF三笘薫(23)のゴールで広島を2-0で下し、今季2度目の10連勝で勝ち点62とした。C大阪は最終盤の得点で湘南に1-0で競り勝ち、J1ホーム通算150勝目を挙げた。2位のFC東京は清水に3-1で快勝した。

 最後の最後にゴールをこじ開け、C大阪がJ1通算ホーム150勝目を達成した。0-0の後半ロスタイム。左CKからDFマテイヨニッチがDF丸橋の左足で蹴ったゴールから遠ざかるクロスを強烈ヘッドでたたき込んだ。相手選手も吹き飛ばしての今季2点目で勝利を確信し、右手人さし指を天に向かって突き上げた。

 「1人マークについていたが、マル(丸橋)からいいボールも来た。あまりチャンスも作れず、最後の瞬間のセットプレーだったのでゴールした瞬間は安心したよ」

 最下位の湘南を3本上回る12本のシュートを浴びせ、最後はリーグ戦全試合スタメン出場中の守備の要が試合を決めた。“三度目の正直”だった。節目の白星を目指したホームでの鹿島戦(9月19日)に敗れると、再チャレンジした3日の首位・川崎戦も落とした。

 しかも、この2試合を含めて直近5試合で1勝4敗と大不振だった。悪い流れを6試合ぶりの完封勝利で断ち切り「僕らのもともとのゲームプランはいい守備をすること。これをきっかけにいい守備をしながら点をとっていけたら」とクロアチア出身の29歳は頼もしかった。(新里公章)

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。