IBF10位の阿部がノンタイトル戦を制す「久しぶりの勝利にほっ」通算10戦全勝の佐々木に判定勝ち(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

ボクシングの57・5キロ契約ノンタイトル8回戦が13日、東京・後楽園ホールで行われ、IBFフェザー級10位の阿部麗也(27)=KG大和=が佐々木蓮(25)=ワタナベ=を判定3―0で下した。3回にはここまで10戦全勝(6KO)の佐々木からカウンターを浴び、腰が砕ける場面もあったが、間合いを見切った4回以降はフェイントと多彩なパンチで試合を支配し、文句なしの勝利を収めた。

 阿部は「左が効いて、そこから警戒しすぎたところがあった。内容は50点。でも、久しぶりの勝利にほっとしました」。昨年5月、9月と2戦連続で日本フェザー級タイトルに挑んだが引き分けと判定負けでチャンスを逃しており、勝利は昨年1月以来。ベルトラインに入れたスローガンも「天才♪」から「凡才」と謙虚になったが、この勝利で今後に再び可能性が広がった。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。