瀬戸大也、五輪代表権は維持 水連会長がゲキ「反省して、精神的にも成長してもらいたい」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

日本水泳連盟は13日、オンラインで臨時の常務理事会を開き、不倫問題に揺れる競泳男子の東京五輪代表・瀬戸大也(26)に、年内の活動停止などの処分を下した。12日に水連の倫理委員会が瀬戸本人から事情聴取。水連の定める競技者資格規則・第8条第1項第2条の「スポーツマンシップに違反したとき」に抵触したと判断された。

 代表権は維持されたが、年内は出場を予定していた17、18日の日本短水路選手権、その後の国際リーグ(ISL、ブダペスト)、12月の日本選手権といった貴重な実戦の機会がなくなった。水連の青木剛会長は「内定を取り消したわけではない。しっかり反省して、その上で五輪に向かってトレーニングはもちろん、精神的な部分も(鍛錬に)取り組んで、成長してもらいたいという期待も込めている」と話した。国立スポーツ科学センター(JISS)での練習は可能だという。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。