ジェイ・ホワイト、鈴木みのる撃破でブロック首位タイも「会社は俺が不利になるように仕組んでいる」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆新日本プロレス「G1クライマックス30」大会 ▽G1クライマックスAブロック公式戦30分1本勝負 〇ジェイ・ホワイト 6勝2敗=勝ち点12(20分30秒 ブレードランナー→片エビ固め)鈴木みのる 3勝5敗=勝ち点6●(13日、静岡・浜松アリーナ、観衆1372人)

 V候補の一角・ジェイ・ホワイト(28)が最年長の鈴木みのる(52)を下し、ブロック首位タイを守った。

 「バレット・クラブ」と「鈴木軍」のリーダー対決となった一戦。ジェイは独特のゆったりした間合いでペースを握ろうとするが、NEVER無差別級王者の鈴木には通用しない。打撃、絞め技と攻め続けられたが、終盤、マネジャー役の外道(51)がレフェリーの注意を引きつけているすきに鈴木に金的攻撃。すかさずブレードランナーをたたき込み、ダーティーそのものの戦いぶりで白星をつかんだ。

 バックステージで「鈴木、EVIL、(高橋)裕二郎、この3人について語ることがある」と、目をぎらつかせたジェイ。

 「まず、鈴木。また、会社は俺が不利になるように仕組んでいる。この“Jay1”、ファイナル2戦の相手は鈴木と石井(智宏)。鈴木が俺を倒すと思っていたんだろ? でも、俺が勝ったぞ。この一戦で俺がダメージを負うことを見込んで、最後の相手に石井を持ってきた。でも、最後は、どうせ今日と同じ結果に終わる。頭脳戦ではあいつは俺に勝てない。欠場した方がお前のためだぞ」と16日のブロック最終戦で激突する石井智宏(44)を挑発。

 さらに「それから、裕次郎。(10日の試合で)俺に3カウントを取らせてくれるはずだったのに、話が違った。金的攻撃まで仕掛けてきた。でも、俺たちバレット・クラブは大丈夫だ。俺と裕二郎の関係にヒビなんて入らない。外道も何も知らなかったと誓ってくれたし、EVILが仕組んだことでもないみたいだ。俺は外道の言葉を信じるし、あの後、裕二郎から直接謝罪があった。俺と裕二郎には強い絆があるんだ」と説明。

 最後にはバレット・クラブ内での確執が浮上したEVIL(33)に向かって、「EVIL! おまえのコメントを見たが、俺をもてあそんでいる気でいるのか? その勇気は買うが、おまえの思いのままに俺を操れると思ったら大間違いだぞ。マインドゲームは俺の得意分野だ。それに俺には外道のバックアップがある。おまえがやろうとしていることは無駄でしかない。だから、やめた方がいい。EVILよ。黙って、俺に従って一緒に呼吸していろ!」と、“上から目線”で呼びかけていた。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。