DeNA 佐野!宮崎!大和!リーグタイ記録の9戦連続マルチ弾本塁打(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

◇セ・リーグ DeNA8-1ヤクルト(2020年10月13日 神宮)

 DeNAは佐野、宮崎、大和が一発を放ち、77年の大洋以来となるリーグタイ記録の9戦連続マルチ本塁打。

 6回無死二塁で決勝17号2ランの佐野は「前の打席で情けない打撃をしていた。最高の形になった」。リーグ首位打者ながら10月は打率・211と不振で、試合前にはラミレス監督から「ヒットを欲しがって当てにいくな」と助言された。即実践の2試合連続本塁打も「前後の凄い打者に挟まれて助けられている」と謙虚に話した。同時に3本塁打以上が4試合連続も55年ぶりの球団タイ記録となった。

 ▼DeNA・大貫(6回を5安打1失点、今季最多の8奪三振で9勝目)序盤はバタバタしたけど、丁寧に意図を持って投げることができた。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。