本田真凜フリーで巻き返して総合7位、妹・望結は12位、優勝は今季限りで引退の永井優香(中日スポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:中日スポーツ

◇10日 フィギュアスケート東京選手権第2日(ダイドードリンコアイスアリーナ)

 フィギュアスケートの東京選手権第2日は10日、東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)9位の本田真凜(19)=JAL=がフリーで93・66点の5位と巻き返し、合計140・95点の7位となった。

 今季シニアデビューを果たした女優の妹・望結(16)=プリンスホテル=は合計123・31点の総合12位だった。

 優勝は今季限りでの現役引退を表明した2015年スケートカナダ3位の永井優香(21)=早大=で、フリーも1位の110・11点をマークするなど合計を171・19点とした。

 女子は上位18人が11月の東日本選手権(山梨)の出場権を得た。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。