飯伏幸太、鈴木みのる下し勝ち点10…史上3人目の連覇へまた一歩(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆新日本プロレス「G1クライマックス30」大会 ▽G1クライマックスAブロック公式戦30分1本勝負 〇飯伏幸太 5勝2敗=勝ち点10(16分58秒 カミゴェ→エビ固め)鈴木みのる 3勝4敗=勝ち点6●(10日、エディオンアリーナ大阪、観衆2369人)

 昨年覇者の飯伏幸太(38)がNEVER無差別級王者・鈴木みのる(52)を下し、5勝目を挙げた。

 序盤からキックにエルボーと打撃の応酬となった両者。気合十分の激闘となったが、終盤、飯伏は強烈なキックを鈴木に捕獲されるも強引にスタンディングのカミゴェを一閃。最後はニーパットを外し、カミゴェでヒザをたたき込み、3カウントを奪った。

 蝶野正洋(57)、天山広吉(49)に次ぐ史上3人目の2連覇を狙う「ゴールデン☆スター」が、また一歩、快挙達成へ前進した。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。