男子100メートルライバル 桐生&小池がついに8秒台?(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

JOCアスリート委員会は10日、「アスリートによるバーチャル頂上決定戦 ドリームチャリティーバトル2020」をSNSでライブ配信した。東京五輪公式ゲームを用いて、選手同士が対決。

 陸上男子100メートルでは、桐生祥秀(24=日本生命)と小池祐貴(25=住友電工)が対戦し、小池が8秒618、桐生が8秒669で、ともに人類初の世界新記録“8秒台”を叩き出した。小池は「現実でも同じ結果を出したいですね」と満面の笑みだった。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。