冨田千愛「優勝したい」1964年東京五輪開会式の日に決意/ボート(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

ボート・全日本選手権第3日(10日、埼玉・戸田漕艇場)各種目の準決勝などが行われた。3月に実施された代表候補選考レースで軽量級シングルスカル1位となった冨田千愛(ちあき、26)=関西電力=は、前日までに女子4人スカルで決勝進出を決めていたため、この日のレースはなかったが、11日の決勝を前に取材に応じ、必勝を誓った。今大会は無観客で実施されている。

 日本ボート界を引っ張る冨田が、11日に出場する女子4人スカル決勝へ力を込めた。

 「東京五輪で出場を目指すダブルスカルに向けて(今回の4人スカルは)いい経験になる」

 前日9日までの予選と敗者復活戦で決勝進出を決めていたため、この日はレースがなかった。2016年リオデジャネイロ五輪軽量級ダブルスカル12位の実力者は練習で調整した。

 56年前のこの日(1964年10月10日)は東京五輪の開会式が行われた。ボートは今大会と同じ埼玉・戸田漕艇場が試合会場だった。新型コロナの影響で2度目の東京五輪は1年延期された。コロナ禍で、しかも台風14号が近づく中、全日本が開催されていることに「感謝の気持ち」と半年ぶりの大会を喜んだ。

 関西電力のメンバーとして出場する11日の決勝へ「優勝したい」。“本職”のダブルスカルでの五輪代表に向けて日本一で弾みをつける。(石井文敏)

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。