阪神は糸井&大山の適時打で2点を先取(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神ーDeNA、19回戦、10日、甲子園)阪神はガンケル、DeNAは浜口の両先発で試合が始まり、阪神は一回無死一、二塁から「3番・右翼」の糸井が中前に先制の適時打。「打ったのはフォーク。先制したい場面だったので、打つことができてよかったです」と広報を通じて、コメント。続く「4番・三塁」の大山も左前にタイムリー。「打ったのはチェンジアップ。いい流れで回ってきたので、その流れで打つことができました」と語った。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。