ヤンキースはもう田中将大と来季以降契約しない!? PS2試合防御率12・38で米メディアがヤ軍最後の登板だった可能性大と一斉報道(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

ヤンキースの田中将大投手(31)は7日、レイズとの地区シリーズ第3戦で2被弾など5回途中を5失点でKOされ、敗戦投手。今ポストシーズン(PS)は2試合で防御率12・38となり、米メディアは、田中にとってヤンキースで最後の登板だった可能性が高いと一斉に報じた。

 田中は今季が7年総額1億5500万ドル(約164億3000万円)の契約最終年。経済紙フォーブス(電子版)は、田中がPSデビューから昨季まで7試合は防御率1・32だったが、直近3試合は痛打(0勝2敗、防御率9・69)されていると指摘。「31歳の田中はオフにFAとなり、ヤンキースは違う方向を目指せる。セベリーノは右肘手術から復帰し、ヘルマンも(家庭内暴力による)出場停止から戻って来る。若手のガルシアやシュミットも、コールに続き貢献する準備はできている」とし、「肝心なのは、仮に来季のチーム戦力に入っていたとしても、田中はたぶん大幅な減俸を受け入れなければならない」と予想した。

 NJドットコムは「(5回の)アロザレーナの一発が、田中の夜と、そしておそらくヤンキースでのキャリアに終止符を打った」と伝え、地元紙ニューズデー(同)は「この試合が田中にとってヤンキースでの最後の試合だったのならば、ドカンドカンという音とともに出て行くことになる。(本塁打を放った)キーアマイヤーのドカンと、アロザレーナのドカンだ」と報じた。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。