【巨人】小林誠司の今季初安打にG党から拍手、1軍復帰後12打席目…リードでも“サンコバ”で勝利貢献(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人9―7DeNA(8日・東京ドーム)

 愛される小林が歓声を浴びた。先頭打者として迎えた8点リードの5回。1ボールからの2球目、武藤の外角への直球をバットの先で捉えた。全力で一塁へ向かい内野安打。電光掲示板に「H」ランプがともると、場内のG党から拍手が送られ、ベンチでは元木ヘッドコーチが両手で拳を掲げた。ベンチに戻るとサンチェスがすかさず祝福した。

 今季は開幕3戦目の阪神戦(6月21日・東京D)で左腕に死球を受け左尺骨骨折で離脱。約2か月のリハビリを経てファームで実戦復帰を果たした。9月18日に1軍昇格し、25日の中日戦(東京D)で約3か月ぶりのスタメンマスク。今季17打席目、1軍復帰後12打席目で初安打をマークした。

 サンチェスとは3戦連続でバッテリーを組み、これで3連勝。緩急巧みに助っ人を好リードしている。“サンコバ”の活躍もあり、チームを勝利に導いた。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。