【ソフトバンク】ドロー1差死守 工藤監督、9日から首位攻防3連戦「我慢比べに負けない」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆パ・リーグ 西武4―4ソフトバンク=延長10回規定により引き分け=(8日・メットライフドーム)

 絶体絶命のピンチを切り抜けた。首位ソフトバンクは同点の9回1死満塁を森が、10回無死一、二塁を高橋礼がしのいで、何とか引き分け。ゲームのなかった2位・ロッテとの1ゲーム差を死守した。「1点取られたら終わりの場面でしっかり期待に応えてくれた」と工藤監督もうなずいた。

 負けなかったが、勝てなかった。試合が暗転したのは3点リードの7回だ。2死一、三塁から、石川が山川に左翼席へ同点3ランをたたき込まれた。8回モイネロ、9回森。指揮官も絶対の信頼を置く「勝利の方程式」につなぐまで、あと1死だった。「一打で同点や逆転という場面で、踏ん張り切れていない。今日もピンチになって、ホームランを怖がり弱気な投球になった」と右腕は唇をかんだ。

 残り25試合。9日からは本拠地でロッテと直接対決する。4勝10敗1分けと、大きく負け越している天敵だ。「明日からは大一番。ここからは体力、気力の勝負になる。我慢比べに負けないように、強い気持ちを持って戦いたい」と工藤監督。3年ぶりのリーグVへの扉は、自分たちの手で開くしかない。(戸田 和彦)

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。