DeNA・伊藤光は走者と激突も「強い気持ちがあったのでいかせた」とラミレス監督(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人9-7DeNA、18回戦、巨人12勝6敗、8日、東京ドーム)先発出場したDeNA・伊藤光捕手は二回の守備で本塁突入を試みた巨人・吉川尚にタッチしにいった際、スライディングした相手のひざが左あご付近に当たった。

 吉川尚のスピードもあり、伊藤光もぼう然と座り込む様子から衝撃の大きさがうかがえた。治療のために一時退場した伊藤光だったが、数分後に復帰。二回を守り切ると、先発投手の井納の交代に合わせて三回の守備からベンチへ退いた。

 ラミレス監督は「おそらく大丈夫だと思う。少し目まいがしたようで、あのまま交代させようかと思ったけど、本人がどうしてもグラウンドに戻りたいという強い気持ちがあったので、いかせました」と説明した。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。