中日・マルティネス 17セーブ目で阪神・スアレスに2差「タイトル取りたいが最優先はチームの勝利」(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

◇7日 中日4―1ヤクルト(ナゴヤドーム)

 中日のライデル・マルティネス投手(23)が、9回の1イニングを3者連続三振と盤石の投球で締めくくった。

 3点リードの最終回にマウンドへ上がった守護神は、代打の坂口、浜田、田代をいずれも空振り三振に切って取った。

 余裕の17セーブ目で、トップの阪神・スアレスとは2差に迫った。

 「与えられた場所で、全力で自分の仕事ができるように心掛けています。タイトルは取りたいが、最優先はチームの勝利です」と口元を引き締めた。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。