新井貴浩氏 広島・遠藤は悪いなりに試合をつくった 一流になるには必要な要素 会沢もさすがのリード(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

◇セ・リーグ 広島9-3阪神(2020年10月7日 マツダ)

 【新井貴浩 視点】広島は、先発の遠藤に勝ちが付いたことが一番だ。本人もさぞやホッとしていることだろう。開幕からローテーションを守りながら2カ月あまり勝利から遠ざかり、彼自身も不安を感じ、疑心暗鬼に陥ることもあったと思う。

 この日は、立ち上がりから本来の調子ではなかった。直球の力こそまずまずあったものの、制球が定まらず、軸となる球が見つからない状態だった。それでも、悪いなりに試合をつくったことは評価していい。

 野手にも言えることだが、長いシーズン、本調子でないことの方が多い。投手なら悪いなりに試合をつくる、野手ならチームに貢献する。そうしたことが一流と呼べる選手になる要素の一つになる。

 良くないなりに遠藤の力を引き出した、会沢のインサイドワークも見逃せない。相手に的を絞らせないようにボールを散らす、苦心のリードだったはずだ。若い捕手だとなかなかできない芸当。「さすが」と言えるものだった。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。