阪神・岩田、五回途中5失点KO「粘り切ることができずとにかく悔しい」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島9-3阪神、19回戦、阪神10勝6敗3分、7日、マツダ)勝ち投手の権利を得る目前で痛打され、踏ん張れなかった。岩田は四回まで2失点と粘投を続けたが、五回に逆転の2点打を浴び、マウンドで悔しそうにうつむいた。

 「粘り切ることができずとにかく悔しいです。チームが逆転してくれることを信じてしっかり応援します」

 チームが先制した直後の二回だ。先頭の4番・松山に四球、続く会沢には死球を与えて無死一、二塁とされると、長野にスライダーを中前へはじき返されて失点。続く堂林にも左前適時打を許して同点とされた。

 三回に味方打線に勝ち越してもらったが、3-2の五回につかまった。先頭の宇草に左前へはじき返しされると、1死としてから鈴木誠に四球で一、二塁。松山を中飛に仕留めたが、会沢に甘く入った直球を右翼線に運ばれて2点を献上した。勝ち投手まであと1死としたところで交代が告げられ、五回途中6安打5失点で降板。2番手の谷川も連打されて、2点差に広げられた。

 前回登板した1日の中日戦(甲子園)で七回途中4安打無失点で今季初勝利を挙げた。広島戦は今季初対戦で、昨季は4試合に登板して1勝2敗、防御率3・92。昨年7月5日以来、460日ぶりの鯉倒を目指し、中5日でマウンドに上がった。

 試合前には「打線がつながるチームだと思うので、一人一人を何とか抑えられるように頑張ります」と警戒していたが、正念場で連打を許し、3点のリードを守り切ることはできず。四回以外はすべて先頭打者を塁に出す苦しい投球となり、自身2連勝はならなかった。(織原祥平)

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。