DeNA・平田が初勝利!プロ7年目、苦節130戦目「こんなに遅くなるとは」(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人3-6DeNA、17回戦、巨人11勝6敗、7日、東京D)DeNAは7日、巨人17回戦(東京ドーム)に6-3で勝利。プロ7年目で2度目の先発となったリリーフの平田真吾投手(31)が5回3安打2失点、7奪三振でプロ初勝利を挙げた。当初は救援陣で1試合を投げきる「ブルペンデー」の予定だったが、予想を大きく上回る好投。敗戦処理やワンポイントの登板をこつこつとこなしてきた苦労人が、通算130試合目で白星を手にした。

 人生初のヒーローインタビュー。平田は記念球を片手にマイクを握り、照れ笑いを浮かべた。

 「(初勝利が)こんなに遅くなるとは。素直にうれしい。長い回を投げられるとは思っていなかった」。プロ7年目、通算130試合目での1勝目。敗戦処理で多くの登板をこなしてきた右腕は、わき出てくる感情をかみしめた。

 先発陣の故障が相次ぎ、救援投手でつなぐ「ブルペンデー」を採用した中、2018年4月11日の巨人戦以来、2度目となる先発の機会が巡ってきた。一回、いきなり連続四球と適時打で失点したが、下半身を意識して修正した。1-2の五回表の攻撃で打席が回ってきたが「負けている状態で申し訳ない」と続投を志願。3安打7奪三振でその裏を投げ切り、直後に打線が逆転して金星が転がり込んだ。

 2014年にホンダ熊本からドラフト2位で入団。プロ2試合目、同年4月2日の巨人戦で8-3の八回に登板して1死しか奪えず4失点し、大逆転負けした苦い過去がある。その後も潜在能力を発揮しきれず「何をやってもうまくいかなかった」と平田は振り返る。

 入団時の記者会見で報道陣に求められ、自身を「ハマのシャイボーイ」と表現した控えめな性格。勝負どころで四球を与える場面も目立った。オフに右肘の手術を受けて臨んだ昨季も8試合で防御率9・31。登板数は年々減少していた。

 何かを変えないと-。昨オフ、30歳にしてオーストラリア・リーグに武者修行に出た。大貫、阪口ら若手と腕を磨き、新たにカットボールを習得。スライダーとの二段構えで緩急がつき、昨季被打率4割の左打者に今季は2割台。今季は自己最多の37三振を奪っている。

 何よりつかんだのは自信だ。ひげをたくわえ、精悍(せいかん)さも増したマウンドでの表情がその証し。この試合まで15試合連続無失点と結果を出し続け、今やブルペンに欠かせない存在にのし上がった。

 「頼りない31歳ですが、まだまだ頑張りたいと思います」。苦節130試合。遅咲きの右腕が、まばゆいフラッシュを浴びた。(浜浦日向)

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。