駒大が中大を下して、今季初勝利/東都(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

東都大学野球秋季リーグ戦第3週第2日(駒大5-3中大、7日、神宮)駒大は一回に4番・鵜飼航丞外野手(3年)の中越え二塁打で先制し、二回にはドラフト候補の1番・若林楽人外野手(4年)の左越え3ラン、五回に鵜飼の左越えソロが出て、プロ注目の先発右腕・竹本祐瑛投手(4年)が8回7安打2失点に抑え、今季5連敗中だったチームを初勝利に導いた。

 大倉孝一監督は、「竹本が(先発で)投げて、先行できてよかった。竹本自身のデキはよかったとはいえないが、粘って投げてくれた。1個取って(1勝)後半に入れる」とひと息ついた。

 竹本は「相手打線は切れ目がなく、どんなところからも打ってくる。勝負どころで抑えられた」と振り返った。

 今季は、2試合総当たりで勝利数の合計で順位が争われ、駒大は1勝5敗、中大は2勝3敗となった。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。