【秋華賞】デアリングタクト無敗の牝馬3冠へ12秒1 松山騎手「動きは申し分なかったです」(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)で、史上初となる無敗の牝馬3冠を狙うデアリングタクト(栗・杉山晴、牝3)が7日、栗東CWコースで1週前追い切りを行った。単走でリズムよく前半を運ぶと、直線は松山騎手が軽く仕掛けただけでラスト1ハロン12秒1(6ハロン80秒5)をマーク。

 松山騎手は「リラックスしていましたし、動きは申し分なかったです。落ち着いてもいました」と納得の表情。杉山晴調教師も「イメージ通りの追い切りができました。折り合いも良かったです。週を追うごとに落ち着きも増してきているし、集中力が出てきています」とうなずいた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。