伝説の男 荻村伊智朗が起こした世界卓球1991奇跡の物語(テレビ東京スポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:テレビ東京スポーツ

9月19日放送の「卓球ジャパン!」は「卓球ニッポンの伝説 荻村伊智朗SP」ということで、卓球ファンなら誰もが知っておきたい偉人、荻村伊智朗と彼が起こした奇跡の物語に迫った。

今回のゲストは、月刊卓球王国の今野昇編集長。選手時代は荻村の弟子として練習に励み、その後は荻村が創刊した卓球雑誌で記者デビューした、記者歴40年の大ベテランに数々の伝説エピソードや舞台裏を語ってもらった。

1932年、静岡で生まれた荻村。

母親から「外交官になりなさい」と言われ、中学時代には通訳の養成所で英会話を学ぶ秀才だった荻村少年が高校の時に出合い、人生を変えたのが卓球だった。

妥協を許さない性格で壮絶な猛練習に励んだ荻村は、卓球を始めて5年半、1953年の全日本選手権で初出場・初優勝を果たす。

さらに翌年の世界卓球の日本代表に選ばれると、この大会でも初出場・初優勝。その後も日本の黄金時代の中核として活躍し、世界卓球では合計12個の金メダルを獲得した。

現役時代は「ランニング10~25km、縄跳び3000回、うさぎ跳び1km」というMC武井壮も驚くほどのハードなトレーニングを課し、また世界卓球直前の代表合宿では、カット打ち1000本ラリーを敢行。他の選手のお手本としてやってみせ、なんと1本目で成功させたという逸話もある。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。