小栗旬、新聞記者役に「普通のおじさんです。ちょっとおなかも乗っているくらい」 「罪の声」で星野源と映画初共演(中日スポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:中日スポーツ

俳優小栗旬(37)と星野源(39)が29日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで、映画「罪の声」(土井裕泰監督、10月30日公開)の完成報告会に登壇した。

 小説家・塩田武士さんの同名小説を映画化。小栗は未解決事件を追う新聞記者、星野は幼少時に自身の“声”が脅迫テープに使用され、知らないうちに事件に関わってしまった男を演じる。2人は映画では初共演となった。

 星野は小栗の役柄について「記者役というと真実を暴くぞとか、正義を守るぞという役が多いと思うが、挫折を経験していて、くたびれているおじさん」と表現。小栗も「普通のおじさんです。ちょっとおなかも乗っているくらいでした」と苦笑いしていた。

 土井監督は撮影の際のエピソードを紹介。出演者の女の子が小栗を見た途端に「目がハートになった」そうで、小栗のモテモテぶりを明かした。小栗も「すごくなついてくれた」と大喜びしていた。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。