【巨人】広島・遠藤を揺さぶった原采配 3回に1イニング3度の“エンドラン”で逆転「思い切っていったということですよね」(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 広島1―6巨人(29日・マツダスタジアム)

 電光石火の機動力野球で状況が好転した。原監督が序盤から積極的に動いた。0―1と1点を追う3回、結果的に1イニング3度の“エンドラン”で遠藤・会沢の広島バッテリーを揺さぶり、試合をひっくり返した。「思い切っていったということですよね。なかなか(遠藤を)打ちあぐねているというかね」と振り返った攻撃的な采配が、逆転の2得点につながった。

 

 〈1〉無死一塁・打者菅野

 初球はバントの構えで見逃し。2球目、一塁走者の若林がスタート。菅野は送りバントを決めた。若林は仮に菅野がボール球などで見逃したとしても、二塁セーフで盗塁成功と思われる好スタートだった。結果「バントエンドラン」の形となり広島バッテリーに「何か仕掛けてくるな」と考えさせたプレーに見えた。

 

 〈2〉1死一、二塁・打者松原 

 カウント2ボールから一塁走者・吉川尚と二塁走者・若林がスタート。松原は遠藤の低めの変化球をたたきつけるような打ち方で引っ張り、ゴロが一、二塁間を抜けた。この間に若林が同点のホームイン。さらに一、三塁とたたみ掛けるように好機は続いた。

 

 〈3〉1死一、三塁・打者坂本 

 1ストライクからの2球目、一塁走者の松原がスタート。坂本はいい当たりの遊ゴロを打った。遊撃・田中広は併殺を狙って二塁の菊池涼にトスするもセーフ。菊池涼が一塁送球して坂本はアウトとなったが、併殺崩れの間に三塁走者の吉川尚が生還して勝ち越し。これが決勝点となった。

 全てのプレーがエンドランのサインだったのか、走者が盗塁して結果的に「エンドラン」の形になったのかは作戦上の話のため明かされず、断定できないが、走者がダイヤモンドを駆け回って足で突破口を開いたのは事実。ただ打つだけでない巨人の得点力、全員の集中力が凝縮されたイニングだった。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。